Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
Sponsored links
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
天津爆発ーエネルギー武器で攻撃された
 「化学物質3000トン」が爆発の原因であるかのような書きぶりですが…

天津爆発現場で神経ガス=空気中から高濃度検出―中国中央テレビ
時事通信 8月19日(水)9時46分配信 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150819-00000028-jij-cn
【北京時事】中国天津市の大規模爆発で、国営中央テレビは19日までに、北京公安消防総隊幹部の話として、爆発現場の空気中から高濃度の有毒な神経ガスが検出されていたと伝えた。同総隊では16日以降、防護服と酸素ボンベを装着した隊員らが爆心地に入り、空気中の有毒物質の濃度を測定。李興華副参謀長は「シアン化ナトリウムと神経ガスという二つの有毒物質の値が最高値に達した」と述べた。政府はシアン化合物などの汚染濃度に関しては周辺地域で異常は見られないと公表してきたが、 神経ガスについては言及していなかった。爆発現場となった倉庫には700トンのシアン化ナトリウムや800トンの硝酸アンモニウムなど、40種類以上の危険化学物質計3000トンが保管されて いた。中央テレビによれば、専門家は「こうした物質が水と混ざったり、アルカリ化したりして神経ガスができるほか、爆発の過程で化学反応を起こし、有毒性 のガスが生じる」と指摘した。中央テレビでは「神経ガスを吸い込めば呼吸器系統や心臓などが突然停止し、死亡に至る可能性がある」と紹介した。天津市政府は18日の記者会見で、爆発現場の水を測定したところ、最高で基準値の30倍近いシアン化合物が検出されたと明らかにしていた


 私は現場にできた丸い湖と、爆発当日のキノコ雲に、「攻撃」という言葉を頭に思い浮かべていました。中国の突然の元切り下げと南沙諸島での政策に対する報復として・・・。そしたら、ありました。以下  The Unhived Mindからポイント翻訳。

「天津の爆発はペンタゴンの秘密宇宙基地から発射されたエネルギー兵器『神のムチ』によって起こされた」という論が。
 「爆発でできた湖(クレーター)は、5キロトン爆弾が落とされたことを示している。おそらく(小型)核か、軌道上の「神のムチ」兵器が使われたのだろう。
 「最初の小さな爆発は西側のコンテナ置き場でおきた。コンテナがそこかしこに倒れているのを見て、みな、それらは大爆発で倒れたと思ったことだろう。しかし、そうではないのだ。二つ目の爆発ーー湖を作った爆発ーーは東側のコンテナ置き場で起きたのだから。火災はこの二つの爆発現場の南側、だいたい二つの爆発の中心でおきている。そして、二つのコンテナ置き場は200ヤード以上離れており、その両方で爆発を引き起こすようなものは、この火災以外に見当たらない。問題の物質(シアン化ナトリウムのこと)はそんなことはできない。それを保管していた倉庫は、その他のもろもろと共に大爆発(神のムチか核)によって吹っ飛んでしまった。
 「最初、ネットに上がったクレーターの写真は小さい爆発によるものだった。しかし中国政府が発表した新しい写真は、明らかに大爆発によってできたものだ。これをソビエトの核実験の時にできた写真と比べると、天津の湖は地表からわずか地下で、少なくとも5キロトンの核爆発によってできたと見える。
 「地震では2秒でこんなことにはならない。ロシアの小型核弾頭の地下実験でできた湖を見てほしい。それと比べると、中国の新しい湖はロシアのものより何倍も大きいのだ!
 「さて、この爆発の原因はごく限られている。倉庫に保管された物質ではこんなことは起きないだろうから」





(上はロシアの、下は中国の写真。ロシアの湖は、岸部の草の大きさからごく小さいものであることがわかります)。

 もちろん証拠があるわけではありませんが、天津港が中国の経済発展の大きなバックボーンであることを考えると、そこを攻撃するというのはありえる話。中国がただちにネット取締強化に走り、情報をコントロールしたのも、なんらかの情報が入っているからでしょう。ちなみに北京は数日中に天津地域に戒厳令を敷くとのこと。・・・日本人が「核」を最も恐るがゆえに、核で攻撃されたように(フクイチのことです)、中国は環境破壊で攻撃されるのか、と。2015.8.15
posted by: shanben | 中国の事件・ニュース | 17:34 | comments(0) | trackbacks(0) |-
天津爆発、爆心大穴が湖に
天津爆発の爆心地に突如、湖が出現?・・・初めて見る情景ですが、これも世紀末的。
水道管が破裂したのか、地下水か、あるいは海水か(臨海工業地帯なので海からそれほど遠くない)と思いましたが、記事には「何らかの液体がたまっている」「深度は不明」とのこと。いや〜そりゃあ化学物質も溶け込んでいるでしょう・・・これをどう処理するのか、ごみ問題の活動家としては、それも非常に気にかかります。


http://news.cnr.cn/native/gd/20150816/t20150816_519551289.shtml
 このサイト↑二枚目の写真を見て、廃棄物最終処分場の滲出水の様子を思い出し、気分が悪くなりました。生活の利便性を求め続けて、環境を破壊し続けることがいつまで許されるのか・・・なお、8月14日の状況はこう↓ですが、その時もすでに水面ができていたようですね(別ブログでもアップしました:http://wonderful-ww.jugem.jp/)。



   16日、現地を訪れた李克強総理は、大気・水・土壌のモニタリング強化と情報の速やかな公開を指示し、「揺言(デマ)」の拡大を阻止するよう求めています。また、死亡した消防隊員の臨時霊安所を訪れて黙祷を捧げ、現役も非現役も同じ保障と栄誉が与えられなければならないと発表。
http://news.163.com/15/0816/17/B15HEG4K0001124J.html?bdhz
 犠牲者家族とも会ったようで、こういう事故の時の国務院総理は、おそらく寝る間もないほどではないかと思います。
この事件では、元天津港公安局長の息子が、爆発源となった「瑞海公司の隠れ株主だった」という情報が入っていますが、これはまた後で。2015.8.17
posted by: shanben | 中国の事件・ニュース | 09:37 | comments(0) | trackbacks(0) |-
天津爆発、原因は?
 中国天津の港で日本時間8月13日0時半ごろ、巨大な爆発が起きました。死者50人、負傷者700人以上。犠牲者の冥福を祈ります。爆発元は原油精製など石油工業が集中している滨海新区(工業地帯)の、瑞海公司(会社)の危険物倉庫と見られています。すでにネット上に多くの情報が流れていますが、事故のすさまじさは↓から。
 
 天津爆炸事故24時間全記録:http://www.chinanews.com/tp/hd2011/2015/08-14/552905.shtml
 爆発前後の航空写真:http://news.haiwainet.cn/n/2015/0814/c3541092-29057269-8.html

 驚いたのはこの動画です⇒https://www.youtube.com/watch?v=e9_lbtxzKSQ
 おそらく、近くの集合住宅のベランダから写したのでしょうが、まず火災があり、その炎の中から巨大な閃光を放つ爆発が数回、その衝撃波は撮影者の家をゆるがすほどでした。そして爆発後にもくもくとたちあがった煙・・・それがフクイチ3号機爆発の際にでたキノコ雲と実によく似ていたからです。そのキノコ雲から、残骸が燃えながら落下してゆく様子も(ちなみに、私はフクイチの爆発は水素爆発ではなく、「核爆発」だと考えているので、すぐにディモナ500を思い出しました)。

 で、最も印象に残った写真がこれ↓(http://news.sohu.com/20150814/n418845282.shtml)

 事故から25時間後、火災の中心に向かう「生命通道」の建設が始まり、多くの兵が架橋作業にあたっている様子ですが、印象的なのは、彼らの行く手の「中心地」が、爆風でゆがみ、まるで異世界のように見えること。
 …この手の事故がどれほど日常を破壊し、人権を侵害し、被害者を「異世界」に落し入れるか、日本人はみなわかっていると思いますが、わからん連中が、この二日前、11日に川内原発を再稼働しました。11日というのは一種の暗喩。つまり、推進派は、事故がおきたことも、それがもたらした汚染も、ちっとも反省していない。天津の爆発では、すでに関係者が拘束されているけれど、東電の清水社長は当時、何日間も逃げ隠れし、帰国した後も逮捕もされなかった…ああ、原発推進派を「お縄」にしたい。2015.8.14


 
posted by: shanben | 中国の事件・ニュース | 14:03 | comments(0) | trackbacks(0) |-
昆明、テロリスト全員逮捕(四名死亡)
 昆明のテロ事件の続き。公安部によると、事件発生から40時間あまりたった3月3日午後までに、アブドライム・クラーバン率いる8名のテロリストすべてが「お縄」となった(うち四名は現場で射殺、1名の女性は逮捕されていたが、残り3名も逮捕された)。DNA試験も実施しての科学捜査だったようだ。昆明暴力恐怖案告破 3名涉案逃犯落网

 被害者は172人、20名がまだ生死不明。傷が集中していたのは頭、喉、胸、背中など上半身で、死者は一撃で即死したと見られている。現場に真っ先に駆けつけた特別警察隊(姓名は非公開)のインタビューがある:
 「要請があって現場に行くと、前方でめちゃくちゃに人に斬りかかっている連中がいた。刀は4,5本見えたかな。威嚇射撃した時に、はっきり5名だとわかった。彼らは振り向くと、刀をふりあげてこちらに向かってきた。それでもう一度、威嚇射撃し、もう一度「刀を下ろせ!」と叫んだんだ。でも、彼らは止まろうとせず、自分に向かって切りつけてきたので、撃った。もし彼らを射殺しなければ、より多くの人が傷つけられていただろうhttp://news.qq.com/a/20140303/021892.htm 

 最初の一人が倒れても、他の連中はまったく恐れる様子もなく、なお斬りかかってきたという。動画ではカットされているが、彼はインタビューにこう答えたという。「警察は崇高な職業だ。普段は誰にも気づかれないが、一旦危険が発生すると、人々は私たちの救援を求めてくる。だから、テロ組織や暴力団をやっつける時、私たちは最も前面で戦うんだ!」…聞かせてやりたいよね、暴力団と仲良し、権威に弱く、不祥事ばかり起こしているどっかの国の警察官に。

 なお、犯人らは中国国内でよく事件を起こす「東トルキスタン・イスラム運動」のメンバーだと見られている。1997年設立、テロ行為を行ったことから、2002年には国連が、2003年には中国が「テロ組織」と指定している。覚せい剤や武器弾薬の販売、誘拐などで収入を得ているが、最大の資金源はアルカイダ。中国のメディアはそれ以上踏み込まないけれど、アルカイダの後ろにいるのはアメリカ・・・これもグローバル戦略の一貫なんだろうなあ。2014.3.5
 
posted by: shanben | 中国の事件・ニュース | 01:11 | comments(1) | trackbacks(0) |-
雲南市の無差別テロ

 中国雲南市でテロ発生。ウクライナ情勢に対して、中国に口をはさませないために起こされた事件のような気がする。

「新疆分裂勢力のテロ」と断定=死者29人に―中国昆明駅襲撃
時事通信 3月2日(日)8時55分配信
 【北京時事】中国雲南省昆明市政府は2日、昆明駅で1日夜に発生した無差別襲撃事件について「新疆分裂勢力による計画的かつ組織的な重大暴力テロ事件」と断定した。国営新華社通信が伝えた。事件による死者は29人、負傷者は130人以上に達した。公安当局は容疑者4人を射殺し、1人を拘束した。

 すぐには全貌はわからないだろうし、たとえ証拠があがっても、中国当局はすべてを公表することは避けるはずだ。チベットや新疆の分離独立運動には西側グローバリストの金が流れているし(ウクライナ、シリアと同じく)、簡単に処理できる問題ではない。とりあえず、下に事件を伝えるTV報道をあげる。
http://video.sina.com.cn/p/news/c/v/2014-03-02/010863571481.html
 最初は、病院の窓から撮影した、かつぎこまれた被害者が並べられている画像。後半は市民が携帯で写したという写真(ややぼけている)。中国では死体も報道するので(顔は隠す)、閲覧注意。2014.3.2
 
posted by: shanben | 中国の事件・ニュース | 10:25 | comments(0) | trackbacks(0) |-
息抜きに


 中国・山東省斉南のビルをよじ登る裸体の主…悪ふざけかと思ったけれど、芸術作品らしい。
でもあまりにリアルだったせいか、わずか二日で撤去を命じられたそうです。
http://www.chinanews.com/tp/hd2011/2014/01-19/293372.shtml
 

posted by: shanben | 中国の事件・ニュース | 11:18 | comments(0) | trackbacks(0) |-
毒ガス裁判、中国人少年の請求棄却される
  2004年7月、14歳の周桐と8歳の劉浩は、蓮花林場を流れる小川付近で遊んでいる時、錆だらけの「砲弾」を見つけた。その砲弾から液体が流れだし、それに触れた二人の手や足はただれ始め、膿が止まらなくなったため、入院した。それが、旧日本軍が敗戦時に大陸に残していった毒ガス弾であり、中身は腐乱性のマスタードガスであることを人々が知ったのは、その後のことだ。二人は呼吸障害など深刻な後遺症を抱えることになった。そこで2008年、二人は日本政府の倍所うを求めて東京地裁に提訴した。しかし、日本の裁判所は二人の訴えを棄却した。

 旧日本軍毒ガス兵器、被害少年の賠償請求棄却 東京地裁
 
 中国・吉林省敦化市で2004年、旧日本軍が1945年の終戦前後に遺棄した毒ガス兵器によって負傷した少年2人が、日本政府に1人3300万円の損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁は16日、原告側の請求を棄却する判決を言い渡した。原告側は控訴する方針。 小林久起裁判長は「結果として被害を防げなかったことは遺憾だが、中国政府と協議しながら回収事業をしており、日本政府に違法行為があったとまでは言えない」と述べた。 訴えていたのは、周桐さん(19)と劉浩さん(16)の2人。 判決は、旧日本軍が遺棄した毒ガス兵器で原告が被害を受けたことを認定。日本政府には、中国の住民らが残留兵器で生命や健康に被害を受ける危険性があるという大まかな認識があったと指摘した。
http://www.asahi.com/national/update/0416/TKY201204160106.html

 戦時でも毒ガスの使用は禁じられていたから、その使用はれっきとした戦争犯罪だ。日本政府は埋設毒ガス弾を処理すると同時に、慰留毒ガス弾によって被害をこうむった人に賠償する責任がある。

 ところが、裁判所は、政府が危険性を認識していたことを認めながら、訴えを棄却しているl。裁判所はおそらく、賠償を認めてしまうと、同様の事例が続いて政府を困らせることになる、と判断しているのだろう。日本の司法は行政のイエスマン。同じような事件は中国各地でおきているから、勝訴ともなると、それが噴出しかねない。

 アメリカもイラクで大量の劣化ウラン弾を使い、それを遺棄したまま知らんふりを決め込んでいる。イラクはまだ戦火の中にあり、人々は保障を求める声さえ上げられないが、「戦後」の日本で、しかも司法が、保障を求める声を押しつぶしているのは悪質。こういう司法の元では、再び戦争犯罪もおきるだろう。2012.4.17

(参考)
劣化ウラン弾と経済制裁−湾岸戦争後のイラク #1 (森住氏のブログ、わかりやすい)
http://news.xinmin.cn/rollnews/2012/04/17/14435332.html
http://news.cntv.cn/china/20120416/110978.shtml (中国の報道)
http://www.globalresearch.ca/index.php?context=va&aid=15966
(イラクの科学者Dr. Souad N. Al-Azzawiの記事)

posted by: shanben | 中国の事件・ニュース | 09:42 | comments(0) | trackbacks(0) |-
名古屋市長、地雷を踏んだことを教えてやれ
 河村名古屋市長への中国からの批判が停まらない。
 21日には中国名古屋領事館が口頭で抗議を申し入れている,、それにもかかわらず、彼は22日、記者会見で「発言は取り消さない」と言い放ち、火に油の状況になっている。
 23日には人民日報が「侵略の歴史を否認し、人民の感情を傷つけると、必ずその代価を支払わなければならない」とする短い社説を発表。

「南京大虐殺を公然と否認した河村市長は、良識に欠けるのみならず、無知すぎる。中国人の感情を傷つけたことに対し謝罪するのを拒否したのみならず、厚顔にも南京との友好関係は変わらないことを希望すると述べている中国人はどの国の人々とも友好関係を望んでいるが、そこには原則がある。歴史を忘れるのは裏切りと同じだ。」
「市長として公務の席で発表した言葉は個人の行為ではない。中国の民衆がかくも悪辣な市長に対して憤懣をぶつけるのは理解できる」
「報道によれば、21日までに名古屋市寄せられた意見80通のうち、55通が河村氏に賛成、25通が反対と伝えられている。数は少ないが、これは河村氏の言論が例外ではなく、社会的基礎があることを示している」
一国家として、日本は侵略の歴史に対し、徹底した反省に欠け、心からの贖罪の意識がない。各国は、歴史教科書の改訂や靖国神社参拝などの事件によって、このような見方を強めてきた。河村市長とその支持者は、再び国際社会の不安を増したのだ。日本による侵略戦争の発動の歴史の真実を否認することは中国人の気持ちを傷つけるもので、必ず代価を払うことになるだろう。それは歴史に対するのみならず、日中関係の現在と未来にも責任んを追うことになる」


 当然の意見でしょう。だってね、これは、昔、自分の家を襲撃して財産を奪い、親兄弟を殺した隣人の家に、ようやく成長した子どもが挨拶に行って、「お前の家族を殺したなんてことはなかったんだよー」なんて言葉を投げかけられたのと同じ。感情を殺すのに慣れている行政マンと違い、一般市民が怒り心頭なのは当たり前。さっそく、ネットでは名古屋ボイコット運動が起きている。

 「名古屋市長は絶対謝罪すべきだ。彼は大虐殺を否定しただけでなく、それを南京の代表団の面前でやったのだから、単なる認識の問題ではなく、南京人民に対して二倍の恥辱を加えたと同じだ。もし謝罪しなければ、彼は全面的な制裁を受けるべきだし、日本への旅行も名古屋を回避すべきだ…」
 「デモをやろう。日本製品不買運動だ。謝罪せよ。中国人はこれ以上、侮辱されて黙っているべきではない。デモに賛成なら、他の人にも呼びかけてくれ」
 「名古屋旅行の暫時停止を。名古屋市長は地雷を踏んだことを知らせてやれ」
 「中国人は名古屋に旅行するなよ!」
 「名古屋で家を買おうとしている人、旅行しようとしている人、取り消してね!」
 
 名古屋発の日本製品不買運動が起こりそうな気配……怒りは世界の華僑にも広がっているから、旅行社は今期、あきらめて下さい。また、その場で抗議をしなかった、と批判されていた代表団に対する見方も変化してきた。環球時報は次のようにのべている。

 「ネットでは代表団への批判の声が大きかったが、これは日中歴史問題に対する民衆の敏感さを示すもので、理解できる。代表団の態度は外交的には不合格だが、メンバーは外交が専門ではないし、技術的な問題もある。自ら敏感な話題に触れ、相手国を刺激するようなことを言うのは、中国より相手国の方がずっと多い。相手国、特に西洋の国々は議論が好きで、道徳的な優越感を持っており、中国人が気分を害するのも怖れない。特に世論の後押しがあれば、彼らは喜んで中国人を怒らせるリスクを取ろうとする


 困るのは、「彼のような見方が日本では一般的なのでしょうか? 客人、しかも南京からの客人に対して公然と南京大虐殺を否定するのはなぜでしょうか?」などの問いが多くなること。日本の右傾化は確かだから、個人レベルの有効努力は知れてるのよねー。私みたいに中国と関係している人間は、これから弁解する機会が増えることだろう。ああ、あのバカ市長、とっとと辞めてほしい。2012.2.23
参考:

http://focus.scol.com.cn/gjyw/content/2012-02/22/content_3430735.htm?node=538
http://focus.scol.cn/zgsz/content/2012-02/23/content_3430969.htm?node=540

http://focus.scol.com.cn/zgsz/content/2012-02/23/content_3431012.htm

http://internal.dbw.cn/system/2012/02/22/053706212.shtml 

posted by: shanben | 中国の事件・ニュース | 18:43 | comments(0) | trackbacks(0) |-
反日デモは自然発生
 煙台くらしもだいぶ慣れてきたある日、正確にいうと10月17日の日曜日、教師宿舎の管理人が呼びに来た。外事処の先生が来ているという。日曜早朝、しかも彼女はこの校舎から1時間も離れた煙台市内に住んでいるはず、何かあったに違いない。

 管理人室に行くと、担当のTさん(50代半ば)は、やつれた顔で私に椅子をすすめた。・・・長い話になるようだ。「どうしたの?」と聞くと、「今から会議をします。今日二回目の会議よ。あなたにも関係があるの」。と言いつつ、なかなか話し出さない。で、私は今日、予定があるというと、ようやく切り出した。「ご存知かどうか、先月私たちの魚釣島で問題があって・・・」
 
 一瞬で了解。すでに15日からメールが通じにくくなっていた。ネットも極端に遅くなり、海外のサイトはまず開かない。日本の右翼の反中行動のニュースが入っていたので、それへの反応だろうと思っていた。私は、そのことを話し、ついでに「魚釣島は日本の領土とはいえない」と、自分の見方を伝えた。

 すると彼女、「実は、煙台でも昨日、日本のスーパーがデモ隊に囲まれたの。それで、今朝2時半から緊急会議を開いて、デモが広がらないように対策を話しあった」という。ま、学生がこのスーパー(ジャスコ)を包囲した気持ちはわかる。日本人の経営で、施設も価格も日本並みの豪華さ。食料品はまだしも。衣料品・日用品はいったい誰が買うのか、と思わせるほど高い(南京の物価より高い)。
 
 T先生は続けた。「で、うちにも日本人の先生がいる、どうしよう、となって・・・」それで、私に、なるべく街へ行ってくれるな、日本語はしゃべるな、行く場合は必ず学生を連れて行け、などというのだ。・・・子どもじゃあるまいし、当然、私はおつきを断った。すると、「では、外出時は必ず行き先を知らせて。学生は若いから、抑えがきかないの。とても心配です」。

 なおもくどくどいうのをふりきって部屋に戻り、ネット検索すると、「各地でデモ発生」とのニュースが。詳細は伝えられていない。漁船衝突事件の時はデモなどなかったから、今回のデモが、日本の右翼のデモに刺激されたのはまちがいない。そういえば、私は大学院の時、田母神論文をとりあげ、彼は今後日中間に軋轢を起こすためのキーパーソンとして使われるだろうとのリポートを出したが、予想があたった・・・。

 日本のマスコミはこのデモを「官製」と伝えているが、どの国より学生を動かすことの危険性を知っているのが中国だ。国を変えるのは常に若者だが、「安定と発展」を求める今の中国は、学生を動かして収拾のつかない状況に陥るのを何よりも避けたいはずだ。メディアを使って「国内の反乱」を望んでいるのは、米日なのである。

 今回のデモも、中国人の心に眠る「愛国感情」の自然な発露だろう。私が見るところ、中国人は、行動が必要だと思えば何があっても行動する。だから、世界で革命を成功させた、数少ない国の一つになったのでしょう。2010.10.18
posted by: shanben | 中国の事件・ニュース | 15:09 | comments(0) | trackbacks(0) |-
核電
 
  国家エネルギー局は先日、中国は世界最大の原子力発電国(原子力発電のことを、中国では核電と言います)になったと発表した。だいたいの中身は次の通り;
 ★現在までに国務省が批准した核発電所は34基、発電容量は3692万キロワット、このうちすでに25基(2773万キロワット)が着工されている。
 ★核電の「過熱」を防止し、厳格な管理を強調した。
 ★岭澳核発電所の二期工事一号機が無事に稼動を開始し、ここ数年の足踏み状態が解消され、今後毎年、核電の運行が増えているだろう。
 ★4000万キロワットを目的とした国家核電中長期発展計画は、4,5年先倒しで実現が見込まれている。

 ちょっと驚いた。いびつな発展を遂げてきた中国の核開発が、いつのまにそんなに進んたのか。
 中国が最優先した核開発は原爆製造であり、これは1964年に成功している。ついで1967年には水爆実験を、そして1971年には原子力潜水艦も成功させ、核大国となっている。

 その後すぐ原子力発電にもとりかかったが、1982年に着工された第一号の泰山核電は、1994年になってようやく供用開始されている。しかし、30番目の原発国となった中国では、以後もそれほど核電は広がらず、発電量も全体の数%、しかも外国製が多い(フランス、ロシア、カナダ)というイメージがあった。

 それが世界最大?WIKIの2008年度のデータを見ると、以下のようにアメリカがダントツなのだけれど、わずか二年で逆転したのか?

                 世界の原発設備容量(2008年1月現在 日本原子力産業協会他)
                  運転中       建設中       計画中        合計
                出力   基数   出力 基数   出力   基数   出力   基数
    

   アメリカ 106,061  104   ― ―  1,200    1  107,261  105

   フランス  66,020  59   1,630  1   ―    ―  67,650   60

   日  本 49,467   55      2,565   3    14,945       11     66,977      69
      ロシア        23,194     27      6,154   8      5,500        5     34,848      40

      ドイツ        21,371     17                              21,371      17

      韓    国    17,716     20      6,800   6      2,800        2     27,316       28

      ウクライナ13,835     15      2,000   2                     15,835      17

       カナダ      13,425     18                              13,425      18

      イギリス     11,952     19                              11,952      19

    スウェーデン  9,384     10                                 9,384      10

      中    国      9,118     11      7,900   8      8,000        8      25,018      27


 たしかに、13億の人口をかかえる国にとって、エネルギー供給は一大事業だ。でも、問題は核電による環境汚染、次世代への影響がどれほど考慮されているかってこと。中国ではゴミ焼却に対してはものすごい反対運動がおきるけれど、核電についてはほとんど聞いたことがない。しかし、核廃棄物の処理の厄介さを考えると、焼却炉と同様な壊滅的な環境破壊をもたらすのだけど。

 中国の核開発については、くりかえしドラマ化されているし、国家の根幹として重要視されてきたのはよくわかる。しかし、核開発は、一般民衆が手の届かないところで計画され、実行されることが多いし、事故などがおきるとその影響は世界に及ぶ。それに、原発は決して「温暖化」を阻止する切り札ではない。中国はたちどまって問題を見つめなおすべきではないのか。2010.9.22

(参考)
 http://news.nen.com.cn/guoneiguoji/296/3603296.shtml2010-09-20
http://japanese.china.org.cn/business/txt/2009-11/27/content_18967350.htm 「チャイナネット」 2009年11月27日   
http://eneken.ieej.or.jp/data/pdf/701.pdf (2003.7)
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80 
posted by: shanben | 中国の事件・ニュース | 09:04 | comments(0) | trackbacks(0) |-