Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Sponsored links
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
トランプを褒めると叩かれる、日本のリベラルの存在意義

 私は日本語のブログをほとんど読みませんが、偶然、知ったあるサイトの記事を読んで、日本のリベラル派が、メディアと共にトランプ叩きをしていることを知りました。下はその記事の前半部分です。

トランプ大統領を評価するオリバー・ストーン監督 

トランプ=プーチン関係はどう展開するか

2017.02.01 http://lib21.blog96.fc2.com/blog-entry-3837.html伊藤力司(ジャーナリスト)

 ドナルド・トランプ氏がアメリカ合衆国第45代大統領に就任してからもう10日余り。この間メディアを通じて伝えられる米大統領のイメージは、老いた悪ガキが「アメリカ第一」を喚き立てるという、エゴイズムむき出しの醜態であるアメリカの大統領らしい品位は全く感じられない。大統領就任式の翌日、世界中で女性を先頭に500万人が抗議デモを展開したのもむべなるかな
 ホワイトハウスの執務室からは連日のように、メキシコ国境に長大な壁を建設、TPP(環太平洋連携連携協定)からの永久離脱、イラン、イラク、シリアなどイスラム圏7カ国からの移民・難民の入国拒否、オバマケア(オバマ前大統領が制度化した医療保険制度)の撤廃等々の選挙公約を実行するための大統領令に、トランプ大統領が署名する姿がマスメディアに公開された

メディアが振り撒くトランプ氏のマイナス・イメージの中でアッと思ったのが、124日朝日新聞朝刊に載ったアメリカのアカデミー賞映画監督オリバー・ストーン氏のインタビューだ。同監督と言えばアメリカのベトナム戦争の悲劇を描いた「プラトーン」や「JFK」「ニクソン」などを作った反権力・リベラルの映画人だ。そのストーン氏が「アメリカにとってヒラリー・クリントンよりドナルド・トランプの方が良かった」と言っているのだ。(後略)

 まず、「アメリカの大統領らしい品位」という言葉に、それこそアッと思いました。この人がアメリカという国をどう捉えているか、というより、「アメリカに対する幻想」があり、だからこそ、政治家の形容詞としてもっとも場違いな「品位」なぞという言葉をあげていると感じたからです。「品位」とは何か、これまでどんな「品位ある大統領」がいたのか、と聞き返したくなりますが、聞くまでもなく、軍産複合体国家には、「品位」を演じられる政治家はいても、品位ある大統領が出てくる余地はありません。先任者のオバマなどは出生証明書を偽造して出てきた人物で、品位などから無縁。・・・もっとも、軍産「解体」を口にして暗殺されたケネディは多少、品位があったかもしれません。

 さらにひどいのが、一国の大統領を「老いた悪ガキ」「エゴイズムむき出しの醜態」という、それこそ品位に欠ける言葉で評していること。しかもそれを「メディアを通じてのイメージ」と責任転嫁しているのは、ジャーナリストとして無責任。オリバー・ストーンのトランブ支持を、さもありえないかのように述べるなど、読者にいわれなき「反トランプ感情」を植えつける要素がそこここにあり、いわばこの記事は一種の情報操作です。

 映画監督オリバー・ストーンの弁を知って、「アッと思った」の部分ですが、ストーン氏が公然とトランプを支持し、ヒラリーを否定してきたのは有名な話です。しかもそれは決して例外ではなく、同じような見方をする欧米知識人は少なくありませんが、このジャーナリスト氏はそのことさえ知らなかったのでしょう。

 数多くの情報に接し、それらの情報の真偽を確かめ、独自の判断を下して発言するのがジャーナリストですが、それをやらず(できず)、日本語のマスコミ報道(不断に選別、ミスリードが行われていう)だけに頼っている人は、やがて先入観に満ちた「○○像」を固めてゆき、その先入観に満ちた見方を広めてゆくもので、欧米では、こういった人々は「プロパガンディスと」と呼ばれます。それが「ジャーナリスト」で通るのが日本。不幸なのは、この手のプロパガンダ的文章しか読まず(読めず)、敵意を再生産させてゆく日本の市民です。

 私は、トランプ自身の声明やインタビューを聞き、彼が極めてシャープな頭脳と、戦う気概・勇気を持った人物だと思っています。将来のことはわかりませんが、これまでは、たとえば、就任後数日のうちに、TPP離脱、オバマケア撤廃等を実現(行政命令発出)するなど、普通のレベルの政治家にはとうていできることではありません。

 TPPに至っては、日本でも何年にもわたって必死の抵抗運動がくり返されてきたけれど、何の歯止めもできず、安部政権に関連法案の成立を許してしまったという体たらく。そのTPPをほんの一瞬で事実上廃止に追い込んでくれたのがトランプです。ところが日本では、それを正当に評価するどころか、逆にトランプ叩き。これじゃあ、日本で、次にやるべき運動(TPP関連法の廃止に向けて動くこと。そうしないと政府は他の新システムに改正使用することになる)が出て来ないのも当然でしょう。それにしても、マスメディアと同じ行動をとるのが「リベラル」とは知らんかったなあ。2017.2.3

posted by: shanben | - | 10:29 | comments(1) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 10:29 | - | - |-
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2017/02/15 9:49 AM |









この記事のトラックバックURL
http://mirushakai.jugem.jp/trackback/1062
トラックバック