Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Sponsored links
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
世界でほんとは何が起きているか

 前の記事からずいぶん間があきました。この間、事件がなかったわけではなく、米のシリア攻撃や各地のテロ事件など、大きな問題が立て続けに起きていましたが、書けなかったですね。

 アジアでは、韓国へのミサイルシステム(サード)配備、北朝鮮によるミサイル発射実験及び核兵器疑惑、日米合同軍事演習、そして米空母カール・ビンソンの投入・・・どれも朝鮮半島「有事」が避けられないというムードを示すニュースばかりです。それに呼応して、市民側もFBなどソーシャルネットワークで、メディアと歩調をあわせて危機感をあおっているのにちょっとびっくり。マスメディアが、いかに「フェイク・ニュース」を通じて計算どおりの市民の「反応」を引き出し、社会統制に役立ててきたかということに、日本人はまだ気がついていないのかも。

 今の世界は完全な情報社会ですが、ネット社会では、その情報を流すほうの「情報」を知らないと、逆に利用されてしまいます。そこにはフェイク・ニュースがあふれ、検索をかけると「グーグル・リアリティ」にぶちあたり、MLに参加すると、工作員が運営する情報統制用のものだったりと、いろんな「まさか」があふれてい。ネット社会に無邪気は禁物です。

 とにかく、世界じゅうで同時多発的に危機的な事件がおき、それも必ずアメリカとCIAがかかわっている場合(関与の度合いは違いますが)、普通に考えれば、おそらくそこにはアメリカ国内で起きていることから目をそらそうとする意図があるのです。

 トランプが、アメリカを実際に統治している裏政府(今は「ディープ・ステート」と呼ばれる)の「泥沼をきれいにする」と表明して大統領に就任して3ヶ月。対ロシア政策で起用した人材が次々に追い出され、娘婿がイスラエル強硬派とつるんでいたことが暴露され(これが事実かどうかは不明)、軍産複合体の指示に従わさせられるど、選挙公約に違反するような行動に支持率急低下が伝えられています。実際、歴代どの大統領も、こんな短期間に、自分の公約を裏切るような立場に追い込まれたことはなかったのではないでしょうか・・・トランプ包囲網が狭まっているのです。

 でも、なぜ?

 なぜなら大統領の権限は絶大だから。

 裏政府の面々は恐れているのです。トランプが、彼らの「旧悪」を調査するよう指示するのではないかと。麻薬とぺドゲート、マネーローンダリングを通じたグローバリストの政界運営は、いろんなところからほころび始めていますが、メディアもかかわっているため、それを話題にすることはできない。なので、本丸に響かない形のニュースを大量生産し、市民の目をそちらに向けているのでしょう。すくなくとも私はそう思います。2017.4.29

posted by: shanben | - | 14:50 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 14:50 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://mirushakai.jugem.jp/trackback/1086
トラックバック