Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Sponsored links
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
北のミサイル非難より、自国の無差別爆撃の反省が先

 「重慶爆撃」について、お勧めの動画があります。ぜひご覧ください。

 

日本軍の重慶爆撃/無差別空襲の始まり その結果は 東京大空襲 

NNN ドキュメント'17 戦争のはじまり 重慶爆撃は何を招いたか 日中戦争から今年で80年。その中でもあまり語られることがない日本軍による「重慶爆撃」。当時の中国の首都の戦禍とは。そしてその空爆はいったい何を招いたのか…。

日本 ありのままの現実 20170331 2017524日发布

 「日本軍の犯罪」は歴然とした事実ですが、これほど過小評価され、記憶から抹消されようとしているものはありません。この番組は、当時の中国の首都・重慶に対する日本軍の無差別爆撃が、防衛省の「戦闘詳報」で保存されていることまで取材した、きわめて誠実、良心的なドキュメンタリーです。そういえば、私も、南京の大学や資料館で、多くの資料に当時の戦闘の模様がさまざまに記録されていることを知り、日本との違いに愕然としました。その違いとは;

  • 中国人は記録し、記憶し、次世代に引き継ごうとする。

  • 日本人は記録せず、記憶を消そうとし、改変しようとする。

これでは、両国の歴史認識は、時とともに隔たってゆくのも当然です。その差を埋めようとせず、その結果、歴史の改変に力を貸している政治家や行政機関、裁判所も戦争犯罪に加担している。私はそう考えます。歴史を直面できない連中がこういう職業についてはいけないのだ。2017.9.21

posted by: shanben | 戦争、テロ、NWO | 12:20 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 12:20 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://mirushakai.jugem.jp/trackback/1111
トラックバック