Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Sponsored links
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
大漁旗でバリケード、漁業者の怒りー淀江産廃問題

(環境ブログに昨日からアクセスできないのでこちらに投稿します)

  929日の続報。違法であろうが、なんとしてでも米子市に産廃処分場を作りたい業界(+県市)、そのやり方に対する米子漁協の抗議が、地方版で大きく報道されていました。当日はほかのグループ、個人も集まったようですが、大漁旗をバリケードにした漁協メンバーので勢いに、事業者はすごすごと引き返し、市長は姿も見せなかったとのことです。・・・私の経験では、こういう現場に顔も出せないような市長は、必ず「水面下工作」に走るものなので、要注意です。

 

米子の産廃処分場計画 抗議で議会流会 

漁協淀江支所「漁師を無視」/鳥取

2017930https://mainichi.jp/articles/20170930/ddl/k31/010/524000c

議場入り口前で大漁旗を広げて抗議する鳥取県漁協淀江支所の組合員=鳥取県米子市役所5階で、小松原弘人撮影

 県環境管理事業センターが米子市淀江町小波に計画している産業廃棄物管理型最終処分場に反対する、県漁協淀江支所の組合員らが29日、市議会の議場前で計画への抗議活動をした。市議会はこの日の全員協議会でセンターから事業の中間報告を受ける予定だったが、混乱を避けるため流会になった。中間報告は、センターが関係住民へ実施した説明会などの状況に関するもの。市が20日に県から意見照会を受け、議会に諮ろうとした。県漁協淀江支所では処理場から流れ出る水による漁場汚染への不安が強く、この日は組合員約20人が議場の前で大漁旗を広げてセンターの関係者らが議場に入るのを阻止。一時米子署員も駆けつける騒ぎになった。県漁協淀江支所の藤井邦浩・運営委員長(42)は「漁師は関係住民に含まれず、無視されている」と、抗議理由を説明した。【小松原弘人】

 

 漁業は水質汚染の影響を最も強く受けます(内水面漁業の方はおそらく補償金と引き換えに沈黙しているのでしょう)。海がどれだけ広大でも、365日、何年にもわたって流される汚染物質を無害化することなどできず、汚染は海浜や湾内の底土に蓄積し、そこではぐくまれる命ー魚類、海の植物ーを汚染してゆくからです。

 そのため、漁業者には、安全な漁を行うために海の汚染を拒否することが、当然の権利として慣習的に認められているのです。これが漁業権であり、それは成文法よりはるかに強い「慣習法」として確立しています(最高裁などでも認められている、という意味)。それがわかっているからこそ、そして、「漁協の拒否」の威力を知っているからこそ、鳥取県はこの事業の根拠としている鳥取県条例で、「関係住民」の「水利権者」に漁協を加えなかったわけ。一方、事業者は漁話し合いの求めを断ることもできなかったわけ。

それでなくても淀江はおいしい水の里。そして、世界で「水の危機」が叫ばれている現在、産業界のために「小波浜の泉」上流に処分場を作ろうという県市の行動は犯罪的。鳥取県の方、米子市の方、どうぞ漁協をサポートし、この事業を拒否する声をあげてください。2017.10.1

posted by: shanben | - | 12:07 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 12:07 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://mirushakai.jugem.jp/trackback/1114
トラックバック