Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Sponsored links
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
大宮西署で二件の「低周波武器」による事件が発生していた

さいたま市で連続して妙な事件が。

「隣の連中から電波攻撃受けた」 包丁所持の都係長の男逮捕
2013.11.1 13:51 埼玉県警大宮西署は1日、銃刀法違反の疑いで、東京都交通局計画改良課の係長の男(45)=さいたま市西区=を逮捕した。同署によると容疑を認め、「隣の連中から電波攻撃を受けている」などと供述しているという。逮捕容疑は10月31日午後8時55分ごろ、さいたま市西区の自宅の隣にあるアパートで、正当な理由なしに刃渡り約18センチの包丁を持っていたとしている。同時間ごろにアパートの住民から「隣の家の人が来て、玄関のドアをたたいている」「包丁を持って叫んでいる」などの110番通報が相次いだ。同署員が自宅に戻っていた男を聴取したところ容疑を認めたという。東京都交通局などによると、男は同課で土木工事に関する国への申請手続きなどを担当。31日は午前中で仕事を終え、半休を取っていた。  http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131101/crm13110113530007-n1.htm

 普通なら、言動から判断して精神疾患を疑い、まず病院に相談するケースだが、それをいきなり銃刀法容疑で逮捕した!というのにはわけがある。大宮西署は今年の五月、こいう↓ポカを犯していたのだ。

「隣人殺すかも」署訪れた男を帰宅させる 埼玉・大宮西署 その後、女性刺す 
2013.5.13 12:12  さいたま市で近所の女性を刃物で刺して殺人未遂の現行犯で逮捕された男が事件直前、埼玉県警大宮西署に「人を殺してしまうかもしれない」などと申し出ていたことが13日、県警への取材で分かった。県警は11日に被害者の女性の家族に謝罪。検討委員会を設けて調査を開始した。逮捕されたのは、さいたま市西区の無職、佐藤武広容疑者(61)。今月6日午後4時50分ごろ、近所に住む女性(60)の背中を刃渡り約12センチの包丁で刺し、殺害しようとしたとして同署に逮捕された。
 県警によると、佐藤容疑者は事件前に2度、自宅から約1キロの同署を訪問。4月17日午前10時25分ごろ、「隣人が低周波を送ってくる。警察で取り締まってほしい」と相談した。さらに事件当日の6日午後0時15分ごろにも、当直長の男性警部に「隣の女性を殺してしまうかもしれない。留置場に入れて」などと話した。警部は、口調や態度から危険性はないと判断。午後2時ごろ、同市内に住む親族に佐藤容疑者を引き渡していた。生活安全企画課の佐伯保忠課長は「結果的に事件が発生しており、被害者およびそのご家族にお見舞いを申し上げたい」とコメントしている。http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130513/crm13051312150004-n1.htm

 同じさいたま市の大宮西署の所管、しかも逮捕された二人とも、同じ区域に住み、「低周波による攻撃」を訴えている。また、5月の事件で逮捕された人は、「殺人を犯さないように」、いわば保護を求めて警察に駆け込んでいた。ところが、大宮西署はこの訴えをスルーして事件がおきるにまかせ、謝罪に追い込まれている。だから、今回はすぐ「強制入院」ではなく、「逮捕」に踏み切ったと思われる。
 遠隔地から他人の思考や身体を操作する「電磁波武器」は、米軍を中心に開発され、それが広く一般市民層に浸透しつつある。最近では、米・ワシントン州海軍工廠の大量射殺事件の容疑者も「低周波武器」を訴え、軍に相談していた。各地で起きている、さまざまな、「奇妙な事件」の中には、この武器が使用されたケースも少なくないはずだ。この武器の被害者は決して精神疾患で苦しんでいるわけではないから、精神科に行けば治る、というものではない。

 問題は、警察はすでに「電磁波武器」の存在も、加害者の存在も知っているのに、いまだに動かないこと。最初の訴えをとらえて「電磁波被害事件」として捜査を開始していたら、殺人未遂もおきなかったはず。同所轄区内で、同類の事件が起きた今、彼らは捜査をはじめる義務がある。加害者は、あるいは同一人物の可能性もあるしね。2013.11.08

posted by: shanben | 監視社会・住基ネット | 13:25 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 13:25 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://mirushakai.jugem.jp/trackback/507
トラックバック