Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Sponsored links
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
フィリピン、なぜISが攻撃したのか

 日本人にはわかりにくいフィリピンの政情、私はドウテルテ大統領就任以来、彼の演説を含めて注視しています。彼はプーチンに次ぐ、反グローバリズムの闘士だから。

フィリピン軍、IS系占拠の南部の都市奪還は「間近」

[マラウィ(フィリピン)29日 ロイター] - フィリピン軍は29日、過激派組織「イスラム国」(IS)系武装勢力が1週間にわたり占拠する南部ミンダナオ島のマラウィ市の奪還に近づいているとの見方を示した。軍は「マウテグループ」と呼ばれる武装勢力が市中心部を支配下に置き、23日に発生した騒乱で刑務所から脱獄させた支持者などの支援も受けていると指摘。軍スポークスマンは「地上部隊の司令官は作戦終了がすぐそこだと確信している」と述べた。

この事態で、これまでに100人以上が死亡。死者の多くは武装勢力側だという。また、ほとんどの市民はすでに避難している。

 

  VOAによれば、このISによるマラウイ市の攻撃は、フィリピン軍が武装勢力のリーダーを逮捕しようとことから、IS側が街を襲って殺戮や放火を始め、カトリック教会の僧侶などを人質にとったことから始まったそう。ドウテルテ大統領はただちにフィリピン南部に戒厳令を出し、25日木曜にはフィリピン軍が武装勢力掃討のためミンダナオ島に入っていますが、法務局長は、26日、「今ミンダナオで起きていることはフィリピン人の反乱ではなく、マレーシア人、インドネシア人、シンガポール人など海外の武装勢力の侵入によるものだ」と発表。麻薬取引に対する大統領の厳しい姿勢が、南部のアブ・サヤフなどの反政府勢力の反抗を招いている・・・と伝えています(Philippines: 'Foreign Fighters' Invade Marawi)

 でも、このアブ・サヤフ、アル・カイダやISISと同じようにCIAが創設したんですけどね。それが可能だったのは、前大統領のラモスの時代まで、フィリピンは完全にアメリカの属国だったから。麻薬取引が野放しにされていたのも、もともとアメリカはミンダナオの豊かな資源を狙っていたこと、武装勢力が根城にしている地域で、軍と政府が共同の利益を得ていたからだったのです。

Why CIA Created the Abu Sayyaf in the Philippines

ドウテルテ大統領はその属国根性を完全に打ち砕こうとしているため、マスメディアはしきりと彼に関する「誤誘導」を流してきたし、今回はついに「テロ輸出」という乱暴な手に訴えたのでしょう。

 ISはクリスチャンを敵視していますが、マラウイ市のムスリム(イスラム教徒)は、隣人であるクリスチャンを守るため、協力を惜しまなかった、という情報が入っています。こういうことは日本ではあまり報道されないので、一部写真入で伝えておきます(写真と説明は必ずしも一致しません。出典は→https://geopolitics.co/2017/05/29/muslims-risking-lives-to-cover-for-christians-in-isis-maute-sieged-marawi/)

Residents of towns near Marawi offered food to residents fleeing the city

マラウイから避難した人に食べ物を配る住民たち。クリスチャンにも配られた。

Muslim civilians were helping Christians flee Marawi City.

学生らはクリスチャンの同級生にムスリムの服を着せ、祈りの言葉を教えて、一緒に町を脱出した。

Marawi civilians shot and killed by Maute terrorists for failing to pass the Muslim prayer test.
マラウイから避難する人々を待ち受けていたテロリストらは、ムスリムの祈りが唱えられない市民(=クリスチャン)を殺戮した。政府軍がこの地域を制圧するにつれ、逆された市民の写真が公表されている。これまでにテロリスト65人、民間人19人(テロリストに打たれた)、軍兵士17人、警察3人の死亡が確認されている。重傷は兵士69人、警察3人。
A Maranao family tries to leave the city by foot. 

逃避行の間、ムスリムたちはクリスチャンたちを襲撃から守るため、グループの中央で歩かせた。あるいは、最後尾をムスリムが固めた。

Soldiers managed to recapture areas of the city from militants, taking down their feared flag which had been displayed on rooftops and buildings
ISが残した旗を処理するフィリピン軍。
Male residents are frisked by police at a checkpoint as they leave Marawi city

マラウイから出る住民はチェックポイントで調べられる。

町に入った軍は外出禁止令を出し、各戸の捜査、チェックポイントでテロリストのリーダー、イスニロン・ハピロンの逮捕を狙ったが、何人かは厳しい警戒網を突破した。

Isnilon Hapilon, the leader of Islamic State group's Southeast Asia branch, is on Washington's list of most-wanted terrorists and has a $5million bounty on his head
アメリカはIS東南アジア支部のリーダー、ハピロンの首に500万ドルの賞金をかけている
Residents fleeing Marawi were caught in gridlock as soldiers searched vehicles

マラウイからの道は避難の車とテロリストを探す軍の車で大混雑

To avoid the heavy traffic, some Marawi residents fled the area by boat.
一部の市民は渋滞を見越して海路で脱出した

マラウイは先進的な産業都市で住民の意識も高く、宗教のわけへだてなく仲良く暮らしていました。ISがフィリピンに、宗教による分断を持ち込もうとしていることを察知した住民たちが、クリスチャンを守って見事な逃避行を果たしたのです。さらに、これまで政府に反抗してきたモロ民族解放戦線が、ISの蹂躙を終わらせるため、自分たちの戦力を政府軍に提供すると申し出たそうです。これはドウテルテ政権を「人権」でつぶそうとしているアメリカにとっても、東南アジアに「紛争と混乱」を持ち込もうとしているCIAにとっても誤算だったのではないでしょうか。2017.5.30

posted by: shanben | - | 15:53 | comments(0) | trackbacks(0) |-
共謀罪、あの国連でさえ「懸念」

 共謀罪について、拡散以来が入ってきたので貼り付けておきます。「あの」国連担当官でさえ、懸念を表明しているほどの下劣な法案。参院を通過してしまったら、すぐに法案廃止に向けた動きが必要になりますが、そういうフォローをしないのが「反対派」なんじゃないか。2017.5.24

----------------------------------------------

皆様 先日、プライバシーの権利の特別報告者に共謀罪の情報提供をしたところ強い懸念を表明され、政府あてのレターが昨日公表になりました。日本人権協会でレターの要約をしてくださった方がいるので拡散します。藤田

================================2017.5.19

  国連プライバシー権に関する特別報告者 ジョセフ・ケナタッチ氏が、518日、共謀罪(テロ等準備罪)に関する法案はプライバシーや表現の自由を制約するおそれがあると懸念を示す書簡を安倍首相宛てに送付しました。

 書簡では、法案の「計画」や「準備行為」の文言が抽象的であり恣意的な適用のおそれがあること、対象となる犯罪が幅広く、テロリズムや組織犯罪と無関係のものを含んでいることを指摘し、いかなる行為が処罰の対象となるかが不明確であり刑罰法規の明確性の原則に照らして問題があるとしています。さらに、プライバシーを守るための仕組みが欠けているとして、次の5つの懸念事項を挙げています。

 1 創設される共謀罪を立証するためには監視を強めることが必要となるが、プライバシーを守るための適切な仕組みを設けることは想定されていない。

 2 監視活動に対する令状主義の強化も予定されていないようである。

 3 ナショナル・セキュリティのために行われる監視活動を事前に許可するための独立した機関を設置することが想定されていない。

 4 法執行機関や諜報機関の活動がプライバシーを不当に制約しないことの監督について懸念がある。例えば、警察がGPS捜査や電子機器の使用のモニタリングをするために裁判所の許可を求める際の司法の監督の質について懸念がある。

 5 特に日本では、裁判所が令状発付請求を認める件数が圧倒的に多いとのことであり、新しい法案が、警察が情報収集のために令状を得る機会を広げることにより、プライバシーに与える影響を懸念する。

書簡の全文はこちらからごらんいただけます。

http://www.ohchr.org/Documents/Issues/Privacy/OL_JPN.pdf

*特別報告者は、国連の人権理事会によって、特定の問題について調査し報告するために個人の資格で任命される独立の専門家です。ジョセフ・ケナタッチ氏はIT法の専門家で、20157月に初めてのプライバシー権に関する特別報告者に任命されました。

http://www.ohchr.org/EN/Issues/Privacy/SR/Pages/SRPrivacyIndex.aspx

posted by: shanben | - | 02:27 | comments(0) | trackbacks(0) |-
「共謀罪」衆院委で強行採決

 予測より早い採決です。参院でも同じことが起きるでしょう。これで市民運動絶滅に向けての準備が整ったか?

 

「共謀罪」衆院委で強行採決 自公維が賛成、可決

2017519日 朝日新聞デジタル

(衆院法務委で自民党の土屋正忠氏の質問に答弁する金田勝年法相=19日午前9時9分、岩下毅撮影 © 朝日新聞 衆院法務委で自民党の土屋正忠氏の質問に答弁する金田勝年法相=19日午前9時9分、岩下毅撮影)

 犯罪を計画段階から処罰する「共謀罪」の趣旨を含む組織的犯罪処罰法の改正をめぐり、自民、公明両党は19日午後の衆院法務委員会で、日本維新の会と共同で提出した修正案の採決を強行し、3党の賛成多数で可決した。審議の継続を求めてきた民進、共産両党が質疑の打ち切りに抗議して委員会室は騒然とした。与党は23日の衆院本会議で採決し、参院に送る方針だ。

 「共謀罪」法案は、組織的犯罪集団が重大な犯罪を計画し、資金の調達や犯行現場の下見などといった準備行為を行った場合に処罰する内容。自民、公明、維新の3党は、取り調べの可視化(録音・録画)やGPS(全地球測位システム)捜査の制度化について検討することを盛り込んだ修正案に合意し、国会に提出した。これに対して、民進、共産、自由、社民の野党4党は「一般人が対象になり得る」「警察などの捜査権限が拡大し、公権力による監視が強まる」として修正案に反対。17日には、答弁が混乱するなど説明責任を十分に果たしていないとして、法案を所管する金田勝年法相に対する不信任決議案を出したが、18日の衆院本会議で否決された。

 

これほどネットが発達していても、市民側は手も足も出なかった・・・といっても本気の運動があったかどうか私は知りませんが。

諸悪の根源は安保法制だし、それを守ってきた現在の政党だから、そこに切り込まない限り、状況はもっと悪化するでしょう。2017.5.19

posted by: shanben | - | 15:20 | comments(0) | trackbacks(0) |-
国連委員会、「日韓合意」見直し勧告

 これは珍しい。グローバリストに乗っ取られている国連で、まだこういう勧告を出せるホネのある委員会があったとは・・・

「日韓合意」には私も日本人として恥ずかしい思いでいるから、ぜひ白紙に戻して欲しい。

【「慰安婦」日韓合意】国連委員会が「慰安婦」日韓合意見直しを勧告 「補償や名誉回復は十分でない」 報告書で両政府に 2017年5月13日

【「慰安婦」日韓合意】国連委員会が合意見直しを勧告 報告書で日韓両政府に 補償や名誉回復は十分でないと指摘: ソウルの日本大使館前に設置された慰安婦像(少女像)前で行われた「水曜集会」には、多くの人が詰めかけた=10日午後、韓国・ソウル(川口良介撮影) © 産経新聞 提供 ソウルの日本大使館前に設置された慰安婦像(少女像)前で行われた「水曜集会」には、多くの人が詰めかけた=10日午後、韓国・ソウル(川口良介撮影)

 【ロンドン=岡部伸】国連の人権条約に基づく拷問禁止委員会は12日、慰安婦問題をめぐる2015年の日韓合意について、被害者への補償などが不十分として、合意の見直しを勧告する報告書を発表した。在ジュネーブ日本政府代表部も確認した。

 勧告に法的拘束力はないが、韓国メディアは、事実上の合意再交渉を求めたと報じており、日韓合意の「再交渉」を公約に掲げる韓国の文在寅大統領が勧告を基に日本政府に再交渉を要求する可能性がある。

 報告書は韓国に対する審査を記したもので、同合意について「元慰安婦は現在も生存者がおり、被害者への補償や名誉回復、再発防止策が十分とはいえない」と指摘。日韓両国政府に対して、「被害者の補償と名誉回復が行われるように尽力すべきだ」と強調した。韓国の聯合ニュースは国連勤務経験のある専門家の話として、同委員会が「『人権原理主義者』と称してもかまわないほど、世界的に最もリベラルな機構」と評されていると紹介。「勧告に強制力がない点を考慮しても、一定の信頼性と権威を持っている」とする分析を伝えた。同委員会は拷問等禁止条約の批准国家が履行義務を果たしているかを監視するため1987年に国連に設置された。日本は1999年に条約を批准した。国連では昨年3月にも、女子差別撤廃委員会が「日韓合意によって問題が解決したとみることはできない」と勧告している。

 合意は、日韓両国が2015年12月28日、旧日本軍による慰安婦問題に関し「最終的かつ不可逆的な解決」を確認し、日本が軍の関与と政府責任を認め、元慰安婦を支援する韓国の財団に10億円を拠出した。安倍晋三首相は11日の文氏と電話会談した際に合意履行を求めたが、文氏は「国民の大多数が情緒的に受け入れられないのが現実だ」とした。

 この韓国側の慰安婦支援財団ではさっそく資金流用が問題になっていますが、ダーティ・マネーは汚職を生むことになるのでしょうね。なお、米国の僕だった朴大統領に代わった文大統領、「国民の大多数が情緒的に受け入れられない」と、市民側に立ってモノがいえるのは素晴らしい。市民の大多数が反対でも「共謀罪」を法定しようとしている安倍の自公政権、いつになったら引き下ろせるの? 2017.5.13

posted by: shanben | - | 10:47 | comments(0) | trackbacks(0) |-
元イルミナティ銀行家の告白

 下は、4月末に公開された元銀行家、ロベルト・バーナードのインタビューです。彼は「イルミナティ」システムで特別に育成された金融のプロ。この40分ほどの動画は、今の金融システムが、血と恐怖で統制されたごく少数者の手に握られ、操作されていることを教えてくれます。数ある「告白もの」動画で、ベストと言っていいと思う。とりあえず最初の部分だけ「概訳」をつけましたが、後は誰か字幕をつけてくれないかなあ。2017.5.3

(のロナルド・バーナードのインタビューから)

 私は、なるべく早く大金を稼ぎ、さっさと退職して優雅な生活をしたいと考えていた。それで、あるブローカーに言われるまま、会社勤めを止め、為替取引と資産管理(アセットマネージメント)の世界に入った。彼は私に、「君は大金を稼ぐ代わりに、とても冷酷な世界に入ることになるのを覚悟しておかなければならない」と言ったが、若かった私はそれを笑い飛ばした。私にとって、感情を封印することは不可能ではなかった。

 金融の世界に少しずつ慣れて行くにつれ、私はそこが非常に狭い世界であることに気づいた。穀物取引の世界で働いていた時さえ、そこは小さな世界だった。当時働いていたオランダは、この話の中でとても重要だが、世界がその周りを回っているわけではなく、オランダも巨大なグローバル・ファイナンス・システムの一部に過ぎないのだ。

 政府が公的な資金取引をしようとすると、為替取引をやっている多くの銀行に注文を出す。しかし、銀行にとって、顧客の要求に応えるのは容易なことではないため、私のように大量の金を動かすことができる人間が必要とされるのだ。私たちは、特定の金融組織や国際的規制を使って、誰もがOKという形で金を動かすので、規制当局も監督者も、本当はいったい何が起きているのか誰も気づかないのだ。ちょうど1,2年前のパナマのスキャンダルように。

 (Q:パナマペーパーのことですか? 脱税でしたね?)

 そうだ。あれは一般の人には大問題だったかも知れないが、私らにとっては普通の話だ。大事なことは、それを可能にするシステムがあるということだ。たとえばオランダでは、地位ある人間がパナマに銀行口座を持っている場合、オランダ本国では税金支払いを免除するという法令がある。だから、これは(脱税ではなく)完全に合法的なのだ。…

 

 近現代史は、「国境を越える権力」が世界各国の支配構造を固める過程、というのが私の認識です。従って、マルクスの「労働者(プロレタリアート)よ団結せよ」という呼びかけは、人脈と支配圏を広げる「権力者の団結」に対するものだったはずですが、グローバリストはたちまち巧妙な手口で市民を分断し、連帯感を失わせてしまったのですね。私は現在は、マルクスが言う「帝国主義の最後の段階」にあたると考えていますが、そういう分析ができる人々がどれくらいいるのか考えると、やはりまちかまえているのはNWOかもしれません。2017.5.4

posted by: shanben | - | 09:56 | comments(0) | trackbacks(0) |-